2016.3.5
OMROCK'16 Spring

Blue-ray

本日のイベントOm Rock2016春のトップバッターを飾ってくれたのはBlue-rayのみなさん。
ギターボーカルさんとドラムボーカルさんが歌うステージは一曲目リンダリンダから始まり一気にホールを盛り上げてくれました。その後も立て続けに情熱の薔薇が続き、客席の盛り上がりを落とすことなく続けてくれました。
最後には誰もが一度は聴いたことのある夢という曲で締めてくれました。
最初から最後まで勢いに乗ったステージでOm Rockの火種を切ってくれました。

Meh×2

続いての出演者さんはMeh×2さん。
お一人での出演でウクレレ一本でのステージでした。
先ほどとは打って変わって和やかな雰囲気の演奏でしたがハワイアンな曲や一度は耳にしたことがあるようなデスペラードやあの有名な映画を思い起こさせるSheなどを演奏されました。
テナーウクレレとコンサートウクレレを使い分け、時折ウクレレの豆知識も混じったステージはとても素敵でした。
ラストはハワイの曲のホノルルシティライトで締めてくださいました。

ほうきぼし

3バンド目に出演されたのはほうきぼしのみなさん。
mr.childrenのコピーでホールを盛り上げてくれました。
mr.childrenのお馴染みの曲から、バンド名の由来にもなったほうきぼしという曲も披露してくれました。
ベースの方はmr.childrenのバンドTシャツを着ての演奏をされていて、mr.children愛が感じられるステージでした。

OCEAN CRAB

4バンド目はOCEAN CRABのみなさん。
前のバンドの勢いをそのままに一曲目にひろうしてくれたのはRADWIMPSの「君と羊と青」。他にもELLEGARDENの曲なども披露してくれて会場を盛り上げてくれました。
バンド名の由来にもなった元のメンバーのベースさんはアメリカのシカゴに出張中とのことでしたが急遽新しいベースさんを入れての演奏も素敵な演奏でした。
ドラムさんの妹さんもわざわざ東京からご覧になりにこられたそうでした。

20teen

5バンド目は20teenのみなさん。
同年代のバンドさんのようで6年前に結成されたバンドさんです。2年のブランクがあると仰っていましたがそれを感じさせない素敵なステージでした。
演奏は初心に戻るという意味合いも込めて20teenさんがお世話になったという曲を披露してくれました。
また一曲新曲も披露されてイベントを盛り上げてくれました。

SHUNGIKU

6バンド目はSHUNGIKUさん。
前のバンドさんの勢いを落とすことなく一曲目に披露してくれたのはSuperflyの曲で一曲目から盛り上げてくれました。二曲目は一曲目とは打って変わって落ち着いた雰囲気の相対性理論の地獄先生。綺麗な雰囲気の曲でその世界観にホールを包み込んでくれました。また自身らでアレンジされた曲も披露されて、イベントを盛り上げてくれました。

EPISODE26

7バンド目はEPISODE26の皆さん。
26と書いて読み方は「ツーロ」だそうです。元はEPISODE5というバンド名で活動されているそうですが本日はEPISODE26としての出演でした。
最初から最後までハードロックなステージで、AC/DCやIRONMAIDENなどのコピーをされていました。またBon joviのYou give love a bad nameでは会場が特に盛り上がっていました。
ドラムさんも女性とは思えない力強いビートを刻んでくれました。

PRONTE VECCHIO

8バンド目さんはPRONTE VECCHIOの皆さん。
先ほどのノリのいいハードロックな曲調とは変わって綺麗な曲調の曲が多く、JUJUのハローアゲインやMなど年代によっては思わず懐かしいと言ってしまうような曲を演奏してくれました。
イベントの後半でも勢いを落とさない素敵なステージでした。

Half An Hour's

9バンド目はHalf An Hour'sの皆さん。
ボーカル、ギター、キーボードという編成でのバンドさんでした。
一曲目から男はつらいよを披露してくれ一気に会場の皆さんが聴き入っておられていました。他にもSong for youやX JAPANの曲も披露してくれて渋く綺麗で力強いステージでした。
思わず聴き入ってしまうようなステージはとても素敵でした。

ないものねだり

ラストはないものねだりの皆さん。
インストルメンタルのバンドさんでしたが本日のイベントでも1、2を争う盛り上がりを見せてくれました。
どこかで耳にしたことのある曲もあり演奏も力強く会場全体が1つになったステージでした。
ラストの曲にはボーカルさんを招き入れての演奏で客席にも歌詞カードが配られステージと客席が一体となる演奏で本日のイベントを締めくくってくれました。