2012.12.14
彩りアコ NIGHT-討ち入りだ!-

大毛稜介

リハの前に、控室で、今朝の0時に双子座流星群を何個見たか、僕は15個見たとか盛り上がっていた。
いざ本番一曲目は、ファルセットが多いAM:11:00から始まった。そして MCが・・・「今日は目標を持ってステージに立つ事にした」と、「アルペジオは座るとやりやすい。それを立ってやる」と。2曲目、3曲目、4曲目と難なく成し遂げられた。カバー曲4曲目は1989年の『時には昔の話を』知っている人は少ないのに、彼は何処でこの曲を知ったのか、幅の広さに驚いた。ラスト曲『ぼくら』は昔40名位で歌った思い出があると。今年最後の彩りアコで、ラストにふさわしい熱唱で締めてくれました。

凪、浅イ。

今日が赤穂浪士の討ち入りの日とは全く知らなかったと。
凪、浅イ。さんも今日は目標をもってステージに立つと。それは、「前回演奏中にピックアップが取れ、途中までで無様に終わった。今回は完演したい」と。その曲目は『unknowledge』というインスト曲で激しいストロークで弾かれて見事達成されました。そしてまたもう一つの目標、「全てオリジナル曲ですること」。オリジナルの詞を考えていると段々暗くなっていくと言われていましたが、ステージはそんなことも吹っ飛ばして『バースデー』で締めくられ良いお年をとステージを後にされました。